骨格矯正は肩こり、腰痛の治療以外にもスポーツの怪我防止や、怪我をした時のケアにも効果的です。よくある症状としては、足首捻挫があります。足首の捻挫の後はケアがすごく大事です。超音波治療でダメージを受けた、足首の靭帯を治療することで靭帯が早く回復します。安静にしていると1−3週間ほどかかる足首捻挫も治療をすることで痛みが早く引きます。靭帯が回復して痛みが治まった後でも、まだ足首周りのつっぱり感が残ることがあります。その時は理学療法でふくらはぎ、脛、足裏の筋肉をほぐします。そうすることで、足首のつっぱり感がかなり改善します。後は足首周りの筋肉を強化することで、捻挫の再発を防止します。
捻挫は放っておくと、癖になりやすいのでしっかりした措置が必要です。
痛みがまでない場合でもスポーツする時の怪我の予防やスポーツで力を発揮するのにも骨格矯正、理学療法が有効です。
筋肉が硬くなったり、関節の可動域が狭くなってくると力が100パーセント発揮できません。筋肉トレーニングで力をつければ、力は出るようになりますが、筋肉の柔軟性を上げることで、ゴルフのスイングにしても柔軟性をつけることによって、可動域も上がるし、筋力もあがり、飛距離アップにもつながります。股関節が硬いことが腰痛を引き起こす原因になることがあります。股関節と腰の痛みは連動しています。股関節が硬いと腰を無理に使うことになって、腰に負担をかけます。バンコクでは特にゴルフに行かれる方が多いので骨格矯正を受けられる方が大変多いです。
Call Now Button