ペインアウェイでは鍼治療も行なっております。ただ鍼のテクニックが他とは少し違く「ドライニードル」療法というのを使っています。筋肉がこるとシコリになり、放散痛を伴うことがあります。これを「トリガーポイント」と言います。
このトリガーポイントに鍼を刺して刺激することによって筋肉がほぐれ痛みが引きます。 鍼はマッサージとは違い、当日から翌日は少し重いような感じになりますが、その後は痛みが引きやすいです。
またペインアウェイは中国の北京の国立病院と技術提携を結んでおりますので世界トップレベルの鍼、カッピングを受けることができます。

鍼の先生も中国の大学を卒業した先生見ていただいております。
他で効果が感じられなかった方は是非お試し下さい。

ペインアウェイでは

シェア:
Call Now Button