膝が痛くとお困りの方は多いです。ペインアウェイにも膝の痛みの治療でお越しになられる方が多いです。膝の痛みの原因は大きく分けて3つあります。①筋肉、腱、が原因の痛み。 ②関節内部の痛み。③軟部組織の癒着による痛み
まずは①の筋肉、腱が原因の痛みですが、この症状の方は大変多いです。筋トレや運動をしている方でストレッチやケアが十分にできていないと、筋肉の柔軟性が減ります。そうすると膝を動かした時に筋肉が伸びない分、腱に負担がかかります。腱は筋肉と繋がっています。筋肉と骨の付着部を腱といいます。この症状の場合は筋肉と腱の柔軟性を改善してあげれば症状は改善されます。
次は②の関節内部の痛みです。関節内部には軟骨や半月板という関節の動きをスムーズにする組織があります。また膝関節の動きを制限する十字靭帯もあります。スポーツなどをしている方に多いですが、こういった膝内部の組織が損傷して痛みを引き起こすことがあります。こういった内部組織は理学療法では中々、修復は難しいですが、周りに筋肉を強化して関節内部の負担を軽減されることが大事です。
最後は③の軟部組織の癒着による痛みです。膝関節には脂肪体や膝蓋上包があります。こういった組織は膝の関節の摩擦を軽減するのと、膝のクッションの役割をします。この組織が癒着を起こすと痛みや、動きの制限を起こします。スポーツをして炎症を起こし、炎症が治る段階で癒着を起こすこともあります。また膝の手術をされて術後に癒着を起こすこともあります。この場合は癒着している部分を突き止めて、癒着を剥がす治療が必要になります。
MRIを撮ってもらって、◯◯の組織が切れてますのでそれが原因ですね。と言われることもありますが、必ずしもその部分が痛みの原因でないこともあります。膝の痛みで中々治らない方は一度ご相談ください。他の病院でよくなったけど説明がよくわからなかった方も是非ご連絡ください。またペインアウェイクリニックはタイの保健省の認可をえた医療期間です。医師も毎日常駐しておりますので、保険の請求も可能です。詳しくはLINEか電話にてご連絡下さい。またペインアウェイクリニックでは医師が毎日常駐しておりますので、運転免許証、ワークパーミット用の診断書も発行しております。
Pain Away LINE Account
Book Appointment