今回は腰痛の原因についてお伝えしたいと思います。腰痛にもいろいろと原因がありますが今回は姿勢の悪さと腰痛の関係についてお話ししたいと思います。まず背骨にはカーブがあります。横から見るとちょうどS字のカーブを描いているように見えます。この「S字カーブ」が崩れていて痛みを引き起こしていることが多いです。腰の骨の部分はちょうど「S字カーブ」の前にそっている形になります。この「S字カーブ」は車で言うサスペンションのように衝撃を吸収する役目があります。「S字カーブ」がなければサスペンションと役割が果たせません。車でしたらボディーや他の部品に負担がかかります。人間の体に場合は椎間板や関節、筋肉にも負担がかかり、筋肉が固くなったり、椎間板に負担がかかったりします。そうすると痛みを引き起こすことになります。特に腰の部分は前にそるカーブが減少すると椎間板は後側に出てきて「椎間板ヘルニア」を引き起こしやすくなります。腰のカーブが少なくなってしまう原因としては、座る姿勢と筋力の低下が原因であることが多いです。特に車に乗っている姿勢は腰の部分は丸くなってしまうことが多いです。車では衝撃も腰に負担をかける原因となりますので、ダブルで腰に負担がかかります。腰のカーブを保つためには腰の「多裂筋」を鍛える必要があります。この多裂筋はウェイトトレーニングなどをしてもなかなか鍛えられにくく、重いウェイトのトレーニングをしてても姿勢が悪い方は大変多いです。年齢を重ねるに従ってより修正が難しくなります。お困りの方は一度ご相談ください。ペインアウェイクリニックはタイの保健省の認可をえた医療期間です。医師も毎日常駐しておりますので、保険の請求も可能です。シグナインターナショナル、東京海上海外障害保険、三井住友海外傷害保険はキャッシュレス対応しています。他の会社は事後請求になります。詳しくはLINEか電話にてご連絡下さい。またペインアウェイクリニックでは医師が毎日常駐しておりますので、運転免許証、ワークパーミット用の診断書も発行しております。
Pain Away LINE Account
Book Appointment