最近呼吸が浅くなった、息切れがしやすい、胸が締め付けられる、疲れやすい様な症状で苦しんでいますか?病院へ行ったら、MRI、レントゲンを撮って確認したが異常なく、薬だけ処方されてどうしていいかわからず不安。。。
そんな症状でペインアウェイにご来院される方が増えています。
80パーセントの方は5回以内に改善されます。原因は筋肉の硬さ、肋骨の動きの悪さ、背骨の歪みにあります。呼吸をする時は肺に空気が入ります。肺が膨れ上がる時に肋骨も広がります。
しかし、背骨が曲がっていたり、肋骨の可動域が悪くなっていると肺が膨れ上がるのを妨げます。結果、呼吸も浅くなります。
ご自宅で苦しい時は胸を張るようなストレッチが有効です。ラジオ体操の深呼吸のようなストレッチでも効果的ですし、ストレッチポールやバランスボールを用いて、胸郭を広げるのも効果的です。
最近ではパソコン、スマートフォンを利用される方がほとんどですが、使用している時には肩が前にでて、胸の筋肉を縮めています。この状態を毎日長時間続けていると、胸の筋肉がこり固まり、呼吸をする時に、肋骨が動かず呼吸が浅くなります。
一番効果的な治療は背骨周りの筋肉、胸の筋肉、脇の下の筋肉をほぐし、ストレッチと矯正で背骨と肋骨の動きを改善してあげることです。3-5回の治療でかなり改善されます。もし不安な方や病院に行っても改善が見られない方は一度ご相談ください。
Call Now Button