産後のケアに欠かせないのが3つあります。1つ目は骨格矯正による骨盤矯正、2つ目は骨盤ベルトによる広がった骨盤の引き締め。3つ目は筋肉トレーニングによる、骨盤の正しい位置を維持すること。産後も自然分娩と帝王切開では対応法が違います。自然分娩でしたら、筋力の回復は早いですが出産時の骨盤の広がりは帝王切開よりもひどいので、早期の対応が必要です。骨盤の靭帯が固まり始まる1ヶ月過ぎから骨盤矯正をすることをお勧めします。帝王切開の場合は、骨盤の広がりは自然分娩よりもマシですが、お腹を切っていることによる体幹の筋肉の衰えはすごいです。2−3ヶ月過ぎてからの骨盤矯正とトレーニングが必要です。気になる方はなるべく早く専門家に相談しましょう。
Call Now Button