40-50代の方で肩が上がらなくなったり、肩が痛くて夜が寝れなくなる方がいます。
一般的には「四十肩や五十肩」と言われます。

病名では「肩関節周囲炎」という病名があるのですがこの名前もまたアバウトです。

肩関節の周りの炎症ということですので具体的な病名とはいえません。

この四十肩、五十肩も色々と原因がありますが一番よくある原因について説明したいと思います。

肩関節はローテーターカフという筋肉と靭帯で支えられています。

ローテーターカフは4つの筋肉からなりますが、その中でも棘下筋と棘上筋という2つの筋肉が主に原因になることが多いです。

肩関節には関節包という水分でできた袋のようなものがあります。

この関節包があることによって、筋肉がスムーズに動きますが、時にこの関節包と筋肉が癒着を起こします。

そうすると筋肉がスムーズに動かなくなり、痛みや可動域が狭くなります。

四十肩、五十肩に一番多い原因はこれです。

棘上筋や棘下筋と関節包が癒着を起こし肩が上がらなくなります。 また癒着があると痛みを引き起こし夜中にも痛くて寝れなくなることがあります。

原因がしっかりと把握できて治療ができていれば症状は徐々に軽減されます。

この関節包があることによって、筋肉がスムーズに動きますが、時にこの関節包と筋肉が癒着を起こします。

そうすると筋肉がスムーズに動かなくなり、痛みや可動域が狭くなります。

四十肩、五十肩に一番多い原因はこれです。

棘上筋や棘下筋と関節包が癒着を起こし肩が上がらなくなります。 また癒着があると痛みを引き起こし夜中にも痛くて寝れなくなることがあります。

原因がしっかりと把握できて治療ができていれば症状は徐々に軽減されます。

Call Now Button