ペインアウエイに来られる患者さんで意外に多い症状の一つに中々夜に寝付けない、寝れるが2−3時間おきに目が覚めてしまう。寝ているが、眠りが浅く昼間眠くなるなる等の症状です。
これらの症状も続けて治療を続けていくと良くなってくることが多々あります。睡眠がとりにくい 方の原因として大きく分けて3つあります。
1 寝ようとしても体がリラックスできず、目が覚めてしまう
2 悩みごとがあり、心配で寝ることができない
3 毎日寝る時間が遅く朝起きる時間も遅いので、眠くならない
1、2に関しては原因として自律神経のバランスが整っていないことが考えられます。
自立神経というのは、体のオン、オフのスイッチを切り替える期間で交感神経と副交感神経の2種類あります。 昼間活動している時は交感神経が優位になり寝る時は副交感神経が優位になります。このバランスが崩れると夜寝ている時も力が無意識に入ってしまったり、リラックスできず色々と考え事をしてしまったりしてしまいます。首の骨と頭蓋骨の間の関節の動きが悪くなったり筋肉が凝っていると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。後頭部の治療と頚椎の調整をしてあげるとだいぶ楽になります。
3に関しては体内時計がずれてしまっている可能性があります。解決法としては、朝眠くても起きる。昼寝はせずに夜まで起きる。夜は無理に寝なくても結構ですが、朝は必ず早く起きる。このサイクルを繰り返すと自然と夜になると眠くなり、朝も自然と早く起きれるようになります。
Call Now Button